岐阜市の叔母がレクサスの250hを売りはらってしまいました。

岐阜市に住んでいる叔母の愛車はレクサスの250hなのですが、たまに岐阜の叔母の所に遊びに行くとと乗せてもらっています。

レクサスというとやはり高級感があるラグジュアリーな車のイメージが強いですが実際に乗ってみるとまさにその通りだと感じさせられる車です。

外見はわりとコンパクトな車体なのですが乗ってみると揃えなりに広々としたインテリアになっておりクッションもふっくらしていてまさに応接室といった感じです。

レクサスの中でも250hは、価格帯は最も低い方らしいのですがそれでもこの快適な空間なのですから私からすると十分に快適な居住性がある車だという位置付けになります。

またこの車はハイブリッドなのですがハイブリッドのパワー不足を全く感じさせないところがさすがといったところでしょうか。

急な坂道はややパワー不足の感じがありましたがその他の高速道路ではパワーがしっかりあり、とても安定した走行性があると思いました。

私もいずれはレクサスの車のオーナーになってみたいと思っています。

やはり乗っていて自信が持てる車というのは憧れます。

いわゆるブランドバッグを持っているような気分になれる車、それがレクサスなのだと思います。

叔母の車に乗らせてもらう機会がなければ一生レクサスの素晴らしさを知ることはなかったと思います。

そんなレクサスですが、叔母から最近連絡があり売りはらってしまったということでした。

ネットの買取サイトを利用して下取りよりも高く買い取ってもらったということでした。

ちなみにそのサイトはこちらです。⇒《車買取岐阜市

このサイトを利用して買取店を探したそうですが、ガリバー岐阜長良店というお店が一番高額で買い取ってくれたそうです。

今は次に買う車をあれこれ検討しているということですが、私は出来れば又、レクサスにすれば良いのになあと思っている次第です。

 

車の買取業者はどこがオススメ?

最近、車の買取業者のラジオやテレビのコマーシャルが頻繁に流れていますね。

特に目立っているのがビッグモーターやガリバー、そして新しいところで言えばナビクルといったところですね。

確かにこれらの車の買取専門店では競って一番高く買い取りますよという宣伝をしていますが、各社の査定額が一緒ということはありません。

なので一番高い車の買取業者を探すには何軒も廻って査定額を出してもらう必要がありますね。

そして多数の買取業者の中で一番高額な査定をしてくれたところで買い取ってもらうというのが一番のオススメです。

そしてそれが簡単に出来るのがネットなんですね。

ネットには車の査定を一括でしてくれるサイトがいくつかあります。

これらのサイトではビッグモーター1軒だけでなく、他のガリバーやカーチス、ラビットなどの複数の車の買取店からの査定を出してもらうことが出来ます。

それも自宅に居ながらにして分るので簡単で大変、便利な方法だと思いますよ。

これらのサイトでは全国、どこでも無料で査定してもらうことが出来ます。

例えば長野市に住んでいる人であれば車買取長野市と検索してみるとすぐに車の一括査定サイトを見つけることが出来ますよ。

そして簡単な入力項目に自分の車の情報を打ち込めば査定がすぐにスタートするようになっています。

登録は無料なので興味のある人は利用してみるといいですね。

車を一番高く売る方法とは!?

色々な事情で車を買い替えることがあると思います。

事故を起こして車がだめになってしまった、今乗っている車の燃費が悪いのでハイブリッド車に乗りかえたい、家族が増えて来たのでもっと大きな車が欲しいなど、人によって様々な理由があると思います。

そんな時には誰もが一円でも高く車を買い取ってもらいたいと思うのが通常ですよね。

そのためには色々な買取店からの沢山の査定額を調べることが必要になって来ます。

1社だけではなくせめて10社以上からの査定額を調べることが出来ればその中なら一番高額な査定を出してくれた所が見つけられますね。

そしてその一番高額な査定を出してくれたお店で買い取ってもらうというのが車を一番高く売る一番良い方法だと思いますがどうでしょうか。

ただ10社以上の買取店を一軒ずつ廻って査定してもらうというのは、大変に時間もかかるし、面倒なことですね。

それでとっておきの良い方法があるんですが、ご存知ですか?

それはネットの車の一括査定サイトを利用するということです。

車の一括査定サイトはネット上で沢山公開されているので簡単に調べることが出来ます。

そして調べる時のポイントですが、自分が住んでいる所の地域の名前を検索するときに打ち込むことです。

例えば大阪市に住んでいる人であれば車買取大阪市という風に検索をするのです。

他の地域名でも、もちろんかまいません。

例を上げると車買取甲府市とすれば甲府市の車の買取店からの査定を出してくれる一括査定サイトがみつかるはずです。

以上のようにしてネットで検索してみて下さい。

必ず車を一番高く買い取ってくれるお店を見つけることが出来ると思います。

 

 

金沢市の車の買取店

私の兄は金沢市で車の買取店を経営していますが、かれこれ20年以上も経っています。

最近は大手の車の買取店が金沢市にも進出してきていて経営は苦しいんだと言っています。

金沢市の大手の車の買取店にはガリバーやカーチス、ビッグモーターなどの名だたる業者が沢山あるそうです。

テレビコマーシャルもばんばんしているのでお客さんはどうしても大手の車の買取店に流れていってしまうのだと苦笑いしていました。

それで何とか大手に負けないようにするにはどうしたらいいのかと色々と考えてみたそうですが、ネットを利用することにしたそうです。

今、ネットでは車の一括査定サイトがあるので、そのサイトに買取店として登録するんだそうです。

そうすると一括査定サイトを利用してきたお客さんの情報が分るので査定額を提示するという仕組みになっているということでした。

そうすることで大手の買取店と同じ土俵の上で勝負が出来るようになるんだと言っていました。

ただ提示した査定額が他よりも安い場合には中々買取が成立しないので、出来るだけ負けないような高額査定を出す事がポイントだということです。

今ではネットを利用してくるお客さんの比率が半分以上になっているということで何とか経営が出来ていると言ってました。

ちなみにそのネットのサイトは車買取金沢市といったようなキーワードで検索するとすぐに見つかるそうですよ。

皆さんも一度、ネットの車の買取サイトを利用してみるのもいいかも知れないですね。

富山市の姉夫婦がミニバンを手放した。

新築成った富山市の姉夫婦の自宅に遊びに行った時、その庭や大型車が2台楽々入る様なガレージの広さが大変目に付いたものですが、それ以上に便利に感じたのはセカンドカーとして所有しているというミニバンの存在でした。

私が乗っているコンパクトカーはリアハッチが開くものの、性能が若干走りに振ってある分ラゲッジスペースが狭く、趣味はともかく普段の買い物ではその窮屈さを思い知るケースが結構あったのです。

その点ミニバンならどんなに大量の荷物でも積みたい放題。それも用途が被らないセカンドカーですから、いつでもスタンバイさせておき存分に利用出来ます。

私の自宅にはそんな経済的な余裕や駐車スペースはありませんから、正直結構羨ましく思ったものですが、それでも無いなりに工夫を重ねるしかありません。

家族で車の利用計画や構想を月単位である程度纏める等してカーシェアの様に扱い、普段の買い物や用事とプライベートな利用が被らない様にした他、食品を始め大量の買い出しの場合、なるべく小人数で行動し後部座席をフルに活用出来る様にし、想定されるデメリットを克服しているのです。

もっとも、最善の方法は車を使わないでも済む方法を考える事。

あくまで車はレジャー用と割り切り、生活必需品は通販や宅配サービスを活用するという方法も検討しているのです。

そんな折、姉から連絡があったのですが、セカンドカーとして所有していたミニバンを手放したそうです。

私には羨ましいと思ったミニバンでしたが、やはり経済的な理由で2台も車を保有していることが難しくなったそうです。

買い取ってもらったのは富山市のガリバー富山掛尾店という車の買取店だそうです。

車買取富山市というクエリでネットで検索して一番高く買い取ってくれる所を探したそうですが、 ガリバー富山掛尾店というお店が一番高額の査定を出してくれたんだと言っていました。

やはり車は一家に一台で良いのかも知れませんね。

 

新潟市のおじさんの車事情。

ずっと以前、トヨタのマークⅡが人気だった頃、新潟市のおじさんが遂に購入し、乗り始めました。

「俺、マークⅡに一度乗ってみたかったんだ」と憧れの車だったようです。

奥さんはその後聞いた話では、「何もマークⅡって言ったって、他の車とそう大して変わりゃしないわよ~」と述べておられました。

それからいすゞのアスカに乗ったり、いろいろ車種を変えて、最終的にはトヨタの2000cc超のクラウンに乗り続けていました。

共稼ぎの羽振りのいい時代でしたので、格好良くポンポン買い替えておられました。

買い替える時にはいつも車買取新潟市という車の買取サイトを利用していたそうです。

そして定年後はクラスを落としてのトヨタセダンになり、買い替えもなかなか出来なくなりました。

他の親戚もどこもお金持ちではないので皆さま質実剛健で小型車を長く愛用し、簡単には買い替えたりもなさいませんでした。

親戚の殆んどは決してお金持ちとは言えない家庭で、しかも皆さんからお世話になっていたので、いくらいい車に乗りたくとも遠慮がちになってしまうのも常でした。

それでも軽自動車の中古車から始まり、普通車の1300ccへと格上げし、6年から7年目には買い替えていられました。

しかしおじさんが早世し、家計がますます苦しくなると、買い替えも容易ではなくなり、現在はリッターカーを既に8年乗り続けています。

昨年はペンキの塗り替えやエアコンの故障で100万円以上思わぬ出費があり、今年度も買い替えできるかどうか微妙なところだそうです。

 

スズキのアルトを乗り換え続けている私の従兄弟

横浜市に住んでいる私の従兄弟はもう10年以上、アルトを愛車にして乗り換え続けています。

去年も、長年愛用していたアルトを買い換え、また新車でアルトを購入しました。

買い換えの際、別の車種にしようかとも思い、スペーシアやワゴンR、タントなどのカタログなども見たのですが、やはり長年乗り慣れたアルトから離れることができませんでした。

アルトの良さはなんと言っても小回りのきくところにあると聞かされました。

曲がるときも、駐車するときも、小さめの車体のおかげで動きがスムーズなんだそうです。

それに加えて燃費の良さも大きなメリットだと自慢していました。

市内しか走行しない私の従兄弟の場合、ほぼ毎日乗っているのに給油は月に一度で済むほどだそうです。

その分車内空間は若干狭いですが、近距離で、しかも背の低い私の従兄弟が運転しているだけなら何の問題もないそうです。

買い換えたアルトにはさらに燃費が良くなったほか、アイドリングストップ機能やレーダーブレーキサポート機能などもついて、燃費の向上や安全性も向上しているそうです。

できればこれから先もずっとアルトを愛車にしていきたいと言っています。

これで何台目のアルトなのかは教えてくれませんでしたが、乗り換える時に利用している買取方法を教えてくれました。

それは車買取横浜市というサイトに登録して高額査定を出してくれる買取店を探すという方法でした。

私も車を買い替える時には絶対に従兄弟が教えてくれたこの買取方法を利用してみようと思っています。

千葉市で車の買取を検討している親友のAさん

私の親友のAさんは免許は持っていますが、マイカーは持っていないので自分が車を買うときのために、街中を走る車や雑誌に載っている車のコラムなどはなるべく読むようにしているそうです。

親友のAさんの車の思い出としては、家族で乗っていたフォルクス・ワーゲンのニュービートルの印象がすごく強いと言っていました。

ポップで愛らしいデザインや独特の丸いフォルム、内観のシンプルだがおしゃれなシートは今でもよく覚えているそうです。

当時、田舎に住んでいたので黄色のワーゲンは街中でもすごく目立っていたと言います。

正直、昔はジロジロ見られたりして恥ずかしかったそうですが、今考えてみるとすごくお洒落な車で母親のセンスは素晴らしいなと思い出を話してくれました。

そのフォルクス・ワーゲンのニュービートルは今でも乗っているそうなんですが、最近、新しい車に買い替えるという話が出ているそうです。

親友のAさんの家族は千葉市に住んでいるので千葉市で車を高く買い取ってくれるお店を探していると言っていました。

それでネットに強いAさんは車の一括査定サイトで買い取ってもらうことを勧めているそうです。

なんでも車の一括査定サイトを利用すると一番高額な買取額を出してくれるところを見つけることが出来るというからです。

そのため、現在は車買取千葉市というサイトで見つけた一括査定サイトに登録して高額査定を出してくれるお店を探しているといいます。

出来るだけ高く売れると次の車を買うときの負担が少なくなるからと親友のAさんは期待して待っているそうです。

さいたま市で車を買い取ってもらった友人

久しぶりに再会する事となったさいたま市に住んでいる高校時代の友人が待ち合わせの場所に乗って来た車はスズキのジムニーでした。

私もアウトドアレジャー好きで一時期その使い勝手について注目していた時期もあっただけに、大変興味深くその車を見る事となりました。

話に聞くと、その友人は2年ほど前にキャンプやトレッキングの趣味に目覚めたそうで、ちょうど前の車が走行距離10万キロを迎え、買い替えの丁度良いタイミングとそれらの趣味に全振りした車種に思い切って買い替えた、との事でした。

友人は、さいたま市で車の買取業者を探していたそうですが一番高額で買い取ってもらえる所を見つけたと言っていました。

以前の車は車買取さいたま市という車の買取サイトで高く買い取ってもらったと言っていました。

だからと言って、スズキのジムニーは他の一般的な大型クロカンと比べ取り回しに苦労する様な事は一切無く、多少の燃費の悪さを気にしなければ、それこそ街乗りでの買い物や用事にも十分使えるとの事でした。

燃費の事が引っ掛かり購入の決断が出来なかった私にもかなり重要なヒントを教えてもらったのでした。

その後はちょっとしたドライブで近郊を同乗させてもらい、助手席でその乗り心地も確かめる事が出来ました。

他の軽やコンパクトと比べ若干硬いかもしれない…というイメージが強かったのでが、実際乗ってみるとそんな事は無く、これなら最初からこの車種にしておけば良かった、と思う程でした。

現在乗っているワゴンRはまだまだ乗れそうな程度ですが、次の買い替えの機会はジムニーも有力な選択肢に加えたいと思ったのでした。

宇都宮市の車の買取を検討しています。

私は今、軽自動車に乗っています。24年式のワゴンRです。

燃費もいいし、税金も保険料も安い。ちょっとした買物程度であれば十分です。

でもやっぱり狭いんです。

いくら車の背を高くしても、「広く感じる」だけで、実際は広くありません。トランクに乗せる荷物の量も限られています。

そしてやっぱり走らない!

毎日通勤片道1時間。軽自動車では疲れます。

高速道路や坂道を登る時などもストレスを感じます。

なので、車検を期に普通車に買い換えようかと検討中です。

マツダの車が好きなので、デミオを検討中ですが、思ったよりトランクが狭い。後部座席も狭い。

冬はスキーをするのですが、後部座席のシート全て倒さないと板が積めません。

では、ワンサイズ大きいアクセラなら…と思うけど、トランクや後部座席の問題はクリアされますが、3ナンバーで車幅が広い。

狭い道を通るときや、スーパーや職場の駐車場等、そのサイズの大きさから不便に感じることもあるかと思い、決められずにいます。

では、マツダ以外のコンパクトカーでと思うも、日産ノートは親が乗っているし、他社のコンパクトカーはデザインが好みではなく、高い

買い物をするのに、気に入らないものを買うわけにいかず、決められずにいます。

車検切れまでに納車しようと思うと、7月上旬には契約しなければなりません。

デザインや走りの面からも、マツダ車以外は考えられず、デミオorアクセラ、試乗をしたり、ネットでのレビューを参考にあと1ヶ月で決めたいと思っています。

現在、住んでいる所が宇都宮市なので宇都宮市で高く売れる所がないのか検討中です。

今乗っているワゴンRは車買取宇都宮市といったような車の査定サイトを利用して買い取ってもらおうと思っています。

いずれにしても次に買う車が決まらないことには話にならないので、後一ヶ月が勝負です。

ドラマからの韓国旅行

韓国ドラマがきっかけで、二泊三日の韓国旅行に行ってきました。

韓国のご飯はとてもおいしくて、値段もとてもリーズナブルで、ハマってしまいました。

ドラマで使われていたカフェ等を巡ったり、ロケ地となっていた世界遺産を訪れたり、ドラマづくしの三日間でした。

韓国は、とても近いので旅行慣れしていない私でも気軽に行くことができました。

飛行機に乗ってる時間も短く、旅費もあまり高くないので、週末+1日の有給で行くことができました。

韓国は、至るところにコーヒーショップがあり、ショッピングして疲れた足を気軽に休めることが出来るのも嬉しかったです。

時差もないので次の日からの仕事にも家事にも支障がなく、その点も気にいりました。

アカスリも体験しましたが、これはちょっと私には向いていなかったかも…

足つぼマッサージは値段も安いのにいい感じでした。

移動手段は地下鉄を利用しました。チケットの買い方もわかりやすく、路線図も見やすいので利用しやすかったです。

ショッピングは、東大門平日訪れましたが、とても夜遅くまでお店が開いているので、短い旅行の時間でしたが、フルに使って楽しむことができました。

そして、海外旅行慣れしていない私にとって1番安心したのは、どこでも比較的日本語が通じると言う点です。簡単な英語でも会話ができたので不安に思うことが少なかったです。